千葉県松戸市の杉森行政書士事務所では、松戸・柏から都内中心に会社設立、公的融資や補助金申請、契約書作成、各種許認可申請など手続全般の代行を行っております!
事業運営にかかわる手続きや書類などトータルでサポート

事業融資サポート

  • HOME »
  • 事業融資サポート

事業融資をお考えですか?

手持ち資金が弱く、新規事業に乗り出せなかったりしませんか?当事務所では、低金利の融資が受けられるよう、事業者さまをご支援しておりますので、お気軽にご活用ください!
 

金融機関に提出する書類

金融機関に事業融資を申し込む際に提出する主な資料は下記の通りです。

必要なもの

①借入申込書
②企業概要書
③定款の写し(初回取引の場合)
④法人の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
⑤法人の印鑑証明書(個人事業の場合は個人の印鑑証明書)
⑥納税証明書
⑦決算書(2~3期分)
⑧試算表(直近決算から6ヶ月以上経っている場合)
 

できれば用意すべきもの 

①事業計画書
②資金使途を説明する資料(見積書やカタログなど)
③会社案内
 

ケースにより求められるもの 

①不動産の登記簿謄本(担保が必要な場合)
②取引先との契約書や注文書(運転資金が必要な場合)
③受注明細
④売掛先の一覧表
⑤許認可証
⑥関連会社の決算書
 

事業計画書の重要性

事業融資を申し込む際、銀行側から事業計画書の提出を求められるケースは少ないと言えます。多くの場合、決算書や試算表から定量的に判断しているようです。業績好調なら事業計画書など必要ありませんが、そうでない場合は決算書のみの提出では事業融資を受けられる状況にないことが一般的です。

そこで、決算書や試算表から読み取れる過去に対して、過去の反省と反省を踏まえた改善策と未来の展望という点を事業計画書で示す必要があります。通常、事業計画書は以下の4点を用意します。

①事業計画概要書
②5ヵ年損益計画書
③資金繰り表
④取引金融機関一覧表

当事務所ではお客様と協力して、事業計画書を作成いたします。これまでにも多数のご相談を受けていますので、融資の出やすい事業計画書を作成することが可能です。事業融資申請をお考えの方は一度、当事務所にお問い合わせください。
 

事業融資サポートにかかる費用

当事務所では、事業融資サポートを承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

サービス 報酬額 備考
事業融資サポート 着手金6万円+資金調達額の4%  

・報酬額はあくまで目安であり、業務の内容によって増減する場合があります。
・別途消費税、郵送代、交通費が発生いたします。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

事務所紹介・プロフィール

はじめまして、行政書士の杉森です。当事務所は、代表の私が直接対応しています。そのため、深い知識やノウハウをもとに、幅広く専門的に対応できるよう日々努めています。お困りごとがございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。→事務所紹介・プロフィール
PAGETOP